bat & ball

ytc_17の日記

6月最後の冒険

 

6月最後の冒険

 

 

 

■曇り時々雨

 

   朝、9時に目が覚める。体が重く意識が鈍い。カーテンの隙間から曇り空がみえる。休日なのだから洗濯をしなければ、と思う。でも意識が鉛のように重い。どうにか体を起こして洗濯機に一週間ぶん溜まった衣類を放りこみ、洗剤と柔軟剤を入れてスイッチを押す。それから再びベッドにもどり、薄い意識の中で今日の予定について考える。昨日の夜、羽田発のバスに乗っているあいだも体が軽ければ軽井沢に行こうと考えていた。でも朝、目が覚めてみると、とても軽井沢になんかいけるような体調ではない。一週間、ほとんど熟睡できなかった。睡眠がぶつぎりになり、浅い夢をみて、夜中の四時に目が覚め、四時半になっても眠りに落ちることができなければビールを飲んでやりすごした。ひどい一週間だった。そんなに簡単に体は回復してくれない。そんなことを考えているともう一度眠りに落ちていった。休日の朝が少しずつ失われていく。次に目を覚ましたのは11時を過ぎたころだった。洗濯機の中にはまだ洗い物が残っている。体を起こしてどうにか洗濯物を片付け、冷たいカフェオレを作り、昨日買ったトヨタの株価をチェックしながらそれを飲んだ。

 

 

 

トヨタ 7203  

 

 

 

 疲労回復のため、温泉に向かうことにする。それほど遠くない場所がいい。google でいくつか県内のスポットを探し、相模原の”いこいの湯”という場所に決める。ゆったりと風呂につかり、食堂でかつおのたたきを食べた。プラスティックの茶碗にお茶を注ぎ、それを飲みながらこの後どこへ行こうか考えていた。そして知人が荻窪の本屋で小さな個展を開いている、とメールがあったことを思いだした。そのまま相模原から荻窪へ向かうことにした。スマートフォンで距離を確認する。睡眠をとり、風呂につかり、食事をして少し体が回復したようだった。

 


新刊書店・Titleタイトル

  http://www.title-books.com/access

 

 

 

 

 車を運転しているといろんなことを考える。知らない町を通りすぎていくと記憶が少しずつ整頓されていく。周囲の風景や標識を無意識に記憶し、スライドが入れ替わるように過去の記憶が消えていく。杉並区桃井に向かう途中、調布市を東西に渡る国道20号を車で走っていると、背の高い街路樹が舗道の両脇に並んでいる。六月の濃い葉を身につけた常緑樹のあいまを通り過ぎていくと、感覚の底の方を掃除してくれるような、鮮やかな余韻をあとに残していく。そこにはいろんな人の暮らしがある。 

 

f:id:ytc_17:20170630231130j:plain

 

 

 

 今年に入ってからだけれど、週末にこんな小さな旅行をするのが習慣のようになっている。なにも観光地でなくていい。ひとけがなくて、静かで、リラックスできて、体が回復してくれるような場所であればどこでもいい。観光スポットなんて、返ってないほうがいい。これからもこれくらいの規模のショートトリップはつづけていくだろう。いずれ軽井沢にも行きたいと思う。